FC2ブログ

プロフィール

誠也

Author:誠也
“Once in a blue moon"


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:マルギナータリクガメ
生き物を飼育していると

ブリードしたくなってしまう

飼育者の方は多いと思います(#^.^#)

斯く言う僕も、ブリードするのが好きです。

虫は、言うまでも無く、WD♀単が

販売されていれば手を出してしまう事も

しばしば・・・(^_^;)

爬虫類もレオパ・ニシアフをブリードします。

って、ニシアフは来年ですが・・・(^_^;)

哺乳類は、若干躊躇していますが、

エビ・カエル・メダカもブリードする対象です。

あっ・・・カエルも来年だ・・・(^_^;)

今年、飼育場まで作ったマルギナータリクガメも

飼育する前からブリードしたいと言う希望の元、

迎え入れています。

しかしながら・・・

爬虫類の中には雌雄が偏って流通している

種が多くあるようです。

海外のファーム(ブリーダー)が、

ブリードさせないために敢えて

♂♀のどちらかしか輸出しない

と言った、実しやかな“噂”もあったりします。

僕の飼育しているマルギナータリクガメも

EUCB(ヨーロッパ繁殖の輸入個体)は

♂が多く、♀が少ないという種となります。

しかも、マルギナータリクガメは

他の種よりも雌雄判別が難しく、

♂は生殖器で、♀は産卵又は抱卵で確認するという

飼育初心者の僕としては・・・

えっ、それって結局どうすれば良いの???

と途方に暮れる状況でした。

昨年我が家に向かえた、

先日600gを超えたマルギは、

♂確定です。

これは、数か月前、日光浴の最中に生殖器を出したため

♂確定としておりますが、

もう1頭のマルギは900g超えしているにも関わらず、

雌雄判断出来ない状況です。。。

♀個体という触れ込みで我が家に迎えましたが、

上記のように♀は抱卵or産卵でしか

確定出来ないので現時点では、

♂♀未確定としています。

実際には我が家のマルギが繁殖可能になるまでには

まだ時間がかかりますが、

♀個体、或いは♀っぽい個体は、

もう一頭ぐらいは迎えたいなというのが

僕の考えでした。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
「孵化温度によって、産まれてくる子ガメの性別が
左右される。」という内容は、
様々なカメの飼育書などでも紹介されています。
但し、あまり深く掘り下げた内容が
紹介されたことが無いようで、
その信憑性については様々な説があるようです。
ヒトと同じように性染色体によって性が決定する
(GSD(Genotypic sex-determination)または
CSD(Chromosomal sex-determination))や
孵化時の環境温度によって子の性が決定する
TSD(Temperature-dependent sex determination
:温度による性決定)や
ニホンヤモリ(Gekko japonicus)のように、
性染色体を持ち、かつTSDを示す種も
知られています。
この事から、GSDとTSDは、
分子レベルでは同じ反応である可能性も
示唆されているようです。。。

このように様々な大学や研究機関で、
現在も日進月歩で研究や
フィールドワークは進んでいるようで、
いつの日か解明されるのでしょうが、
・・・
・・・
そんな事は専門家にお任せするとして、
差し当たり我が家にマルギを
迎え入れるためには、
国内ブリーダーが繁殖する個体で、
且つ、そのブリーダーが、
孵化時の環境温度によって子の性が決定する
TSDを意識してブリードされている事を
条件にして♀を探し
迎え入れるしかないと考えました。

染色体依存性決定を意識し
分析するなんて、
普通のブリーダーには絶対に無理です!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
rioさん の御好意で

参加させて頂いている東レプ、ナゴレプ、

そして、BO、とんぶり市等のイベントで

探しまわったり、

爬虫類専門ショップに行ったり、

ネットでの検索と

色々情報収集に努めていますが、

未だに出会えなかったのですが、

ついに、

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
孵卵器の温度は昼間で最大33~34℃、
夜間で最低で30℃位に設定。
(温度変化を設定する理由は高温を
維持すると奇形が発生しやすいのと、
以前地中海系のリクガメに関する文献で
雌雄決定について一時的にでも
高温になると雌になると読んだことが
あるためです。)
なお、雌になるように
温度設定している理由は
管理上の都合の為です。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


↑という方針でブリードをされている

ブリーダーと出会う事が出来ました(#^.^#)

そして、今年産まれの個体ですが、

15392452660.jpeg

真ん中の子を迎える事にしました(#^.^#)

受取は、11月11日(日)とんぶり市です(#^.^#)

滅茶苦茶、楽しみです。


DATE: CATEGORY:ボーリンフタマタクワガタ
先日、 白三さん より、

託されたボーリンフタマタクワガタ♀ですが、

後食が始まったので、

早速、ペアリングする事にしました(#^.^#)

託されたのは、

♀:後食し始め
♀(不全):後食
♀幼虫:前蛹

の3頭で、今回ペアリングしたのは、

♀(不全) です(#^.^#)

15392504710.jpeg

不全の状態は、上翅が尻にかけて5mm程開き、

下翅が片側折りたたまれていない状態でした。

よって、事前に下翅の一部を鋏で切り、

体液が出てこないように、

脈に蝋を垂らして留めています。


処置後は、何とか上翅の中に納まっています。

下翅が出たままでは、

交尾に支障が出る可能性があったので、

これで、問題なく交尾出来ると思います。

15392504420.jpeg

♂は低温管理していた彼に

頑張ってもらいます(#^.^#)

白三さん 、だいぶ落ち着かれたようで

良かったです。

ボーリン、しっかりと産んでもらいますね(#^.^#)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

週末は先にセットしているグループを

次のセットに移行させます。

使用する予定の材は、

土埋めレイシ材とクヌギ材にしようと思います(#^.^#)


DATE: CATEGORY:マルギナータリクガメ
15388822460.jpeg


冬眠させる予定だった

マルギナータリクガメですが、

今期は室内飼育に切り替える事に

しました。。。

体重測定の結果、

室内飼育時よりも成長速度が

低下し、殆ど増加しなかった事が

理由です。。。

(*^▽^)/★*☆♪(*^▽^)/★*☆♪(*^▽^)/★*☆♪

この三連休は、真夏日並の気温上昇で、

リクガメ達も活発に活動しています(^○^)

体重測定すると。

15388822070.jpeg


⬆rokuは微増。。。

15388822260.jpeg


⬆nanaは、約1ヶ月前比較で

1g減少・・・

(*^▽^)/★*☆♪(*^▽^)/★*☆♪(*^▽^)/★*☆♪

リクガメ野外飼育者の方々からすると、

“いやいや、そういうものだよ。。。” と

失笑されてしまうとは思いますが、

何しろ初めて事で、

マルギが☆になってしまわぬか

心配で・・・

涼しくなった9月中旬以降、

毎日観察していますが、

活動量は日々低下しており、

先日なんて、餌に口を付けた形跡が

無かったので、カメハウス内シェルターに

潜り込んだマルギを掴み出し、

生存確認してしまいました。。。

数十年の寿命を数年で終わらせるのは

神聖な生物とされる

彼らへの冒涜です。

室内飼育し、春までに㌔越えさせ、

来春に再度野外飼育に戻します。。。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

問題はゲージを片付ける宣言した手前、

妻からの苦言に、

どう言い訳するかを考えなければです。。。

DATE: CATEGORY:クランウェルツノガエル_パイナップル
15388158080.jpeg


我が家にお迎えして早2週間を経過した

クラウウェルツノガエル_パイナップルです( ^)o(^ )

順調に成長しています。

十円玉サイズだったのが、

既に500円玉サイズ!!

いつもながらこの成長速度には

驚かされます(^_^;)

我が家にやって来たツノガエル、

個体毎に個性があり、

1匹目のストロベリーは、

物怖じを全くせず、

食欲旺盛で何でも喰らいつき、

15144348470.jpeg

ぐんぐんと大きくなっていきました。

15214423360.jpeg

彼は残念ながら☆となってしまいました。。。(T_T)

次にやって来た、パステルは、

用心深く、餌喰いは今でこそ抜群というか、

ホッパーを一瞬で平らげる状態です。。。

でも子ガエルの頃は、

何を与えても喰い付かない時期がありました。

15213499850.jpeg

餌の差し出し方を変えると、

それまでの事が嘘のように

喰らいつくようになった次第です。

15277225180.jpeg

15292738170.jpeg

15352651000.jpeg

そして、新入りのパイナップルは・・・

人工餌で餌付けしようとしたのですが、

全く反応せず・・・

次にコオロギSを与えても手で追い払う仕草・・・

満を持して、ハニーワームLを与えると、

喰らい付いた直後に吐き出す始末・・・

仕方なく、かねだいで販売されている

カエル達に餌を与える方式に変更すると・・・

滅茶苦茶反応して餌を平らげました。。。

・・・

・・・

その方法とは・・・

熱帯魚用フィルターを敷き詰めたケースに

少々大目に水を入れ、

ヒメダカを泳がし、捕食させるという方法です。

ツノガエルの捕食を観察出来るのは

良いのですが、何となく飼育感は薄れます。。。

成長しているので御の字なのですが、

釈然としないものが残ります。

15377721730.jpeg

この3連休は、何とかピンセットから

餌を食べられるように挑戦します(#^.^#)

(*^▽^)/★*☆♪(*^▽^)/★*☆♪(*^▽^)/★*☆♪

最後は先住のパステル、

15388158320.jpeg


DATE: CATEGORY:ボーリンフタマタクワガタ
先日、Blog UP した、

第1グループ_第1回産卵セットですが、

産卵痕について記録します。

ボーリンフタマタクワガタは、

材産みです。

15385146110.jpeg

材産みのクワガタの多くと同様に、

材に、産卵痕を付けて、

その中に産卵し、

木屑で埋戻します。

15385146310.jpeg

気に入った材であれば、全面に産卵しますが、

我が家の環境だと、マットに設置した部分に

多く産卵しています。

ボーリンの産卵痕は、三ケ月型です(*^。^*)

卵管理する場合は、この痕跡を

探し、卵を発掘する事になります。

卵の発掘は、セットIN後、2週間後を目安とします。

これは、産卵スイッチの入った♀であれば、

早ければ即日から、

遅くとも数日後から産卵が始まります。

産卵されたばかりの卵は、

とても繊細で、発掘する際に、

プチッとしてしまう事故の可能性がある為、

卵回収する場合は、

ある程度、安定する2週間後を

目安にしています。

※材を全く齧らないという♀に、

“見切り” をつけるタイミングも

我が家ではセットIN後2週間と決めています。

もっと早く見切られる方も多いかと

思いますが、“材が、もったいない” ので・・・(^_^;)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ここまでは、産卵セットに産卵痕がある場合に

ついての内容となります。

♀によっては、材を齧りまくり、

バラバラにしてしまう子や、

今回の我が家のように、

材の全面ではなく、マットとの接地面だけに

産卵痕を残す子や

全く材を齧らない子がいます。

15385146520.jpeg

全く齧らない子は、そもそも産卵スイッチが

入っていないか、材が気に入らない可能性が

あります。

この場合、我が家の環境では、

・追い掛けする。

・材を交換する。


で対応しています。

追い掛けは、♀に “活” を入れて、

産卵を促す事を期待しています。

材交換は、VN材・殖菌カワラ材・コナラ

・クヌギ・砂埋めレイシ材と色々選択肢が

ありますので、試すしか方法はありません。

どれが産む材かは・・・

♀任せなのでわかりません。。。


色々試してみるしかないです(*^。^*)






copyright © 2018 Blue Moon all rights reserved.Powered by FC2ブログ