FC2ブログ

2019'09.21 (Sat)

出だしは順調です(#^.^#)

強制給餌を始めた

コーンスネーク_グレイシャー、

1日おき(3回/週)にピンクマウスSを与えています。

Webや書籍情報では、

2回/週とされている事が多いのですが、

15686796490.jpeg

管理温度を28℃~30℃で、湿度を80~90%にした処、

代謝が良くなっているのか、

翌日には排便が複数回確認出来ているため、

3回/週の周期で給餌しています(*^。^*)

僕の期待は、

1か月間:強制給餌
2か月目~:アシスト
3か月目~:置き餌

なのですが、どうでしょうか・・・???

まだ、数回しか給餌していませんが、

ピンセットを使っての給餌から、

手での給餌に移行しています。

ピンセット利用は、

個体に怪我をさせてしまうリスクがあるので、

竹ピンで給餌されている方が多いようです。

我が家のグレイシャーは、まだBabyサイズなので、

竹ピンでの取り回しが少々厄介なので、

手を使っての給餌としています(*^。^*)

もっと手早く、且つ安全に給餌出来るように

ならなくてはです(#^.^#)

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

初心者の僕が、何を言ってるんだとの御叱りもありますが、

幼蛇に対する強制給餌についての私見考察(備忘録)です(#^.^#)

【ポイント】
・ヘビの保定
安全に給餌させるためには、保定が重要です。
口を開けさせた後、マウスを入れ込みますが、
段々と顎が広がるため保定が緩み、
失敗してしまうケースがあります。
僕はこのような場合、親指と人差し指に
微妙な力加減を与え顎の両側から挟み込んで保定します。
また、ヘビが抵抗して尾を巻き付けてきますが、
それを小指と薬指で押さえつけます。
そうしないと、ヘビの口元が見えなくなり給餌失敗します。

・喉???、顎???の開くタイミング
Webや書籍には、口を開けさせたらマウスを入れる。
とだけ記載されている事が多いです。
しかし、口に突っ込んだら直ぐにマウスが
入っていくわけではありません。
僕の感覚となりますが、マウスを口に挿入し、
咥内に数秒HOLDすると、
顎???、喉???が開いて、
スルッとマウスの頭が食道に入ります。
このHOLDが重要で、
これをやらずに力任せに捏ね繰り回し、
ヘビの体力だけ消耗させてしまう失敗が
何度かありました。。。(T_T)
マウスの挿入は、ヘビと平行に行い、
使用する指・ピンセット・綿棒等で
ヘビの体内を傷つけないようにする。

・排便確認
給餌は排便を確認してから実施するようにしています。
代謝が低く、消化不全を起こしたり、
強制給餌する際に、何かしらの怪我等を負わせてしまった場合、
排便が滞ると仮定して、目安とします。

・スキンシップ
給餌を、ヘビとの重要なスキンシップの場と捉え、
“君に餌を与えているんだから、ちょっとだけ我慢してね。” と
言い聞かせながら実施し、苦しい思いをさせている
罪悪感を希薄させる。
給餌は丁寧に早くを心掛け、きっといつか心と口を
自ら開いてくれる事を信じて、コミュニケーションを図る。

・諦め
強制給餌は、無理やり口を開かせて、
マウスを喉奥まで突っ込むので、
自分自身が、その立場となったと想像すると、
“地獄の時間” です。。。
失敗したら、直ぐに諦めて仕切り直しする。



スポンサーサイト



16:14  |  コーンスネーク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seiya7871.blog.fc2.com/tb.php/976-9d947080

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |