FC2ブログ
2019-09-14(Sat)

【CAUTION】強制給餌 (-"-)

【CAUTION :この記事には、ヘビの給餌画像が掲載されています。】

強制給餌、賛否両論あるようで、

反対派の御意見は、
個体に身体的負担と精神的ストレスを与える行為なので
「やるよりは、やらない方が良い。しかし、やった方が良い『場合』もある。
そんなときのためにできるようになっておいた方が良い。」
という性質の技術、知識であるの事で、

賛成派の御意見は、
幼ヘビは「餌を食うことを知らない」と、そんな気にもなってしまうことがあります。
また、幼ヘビは小さいので拒食による体力の疲弊も早いので、早期の見極めが必要になるので、
そういう意味では強制給餌は「最初の手段」とも言える。
になります。

飼育者毎に考え方は様々で、個体自身の意思で自発的に

餌を食べるのが一番良いのは共通意見となります。

・・・

・・・

で、ヘビ飼育初心者の僕は、

体力のある内に強制給餌を行う事を選択しました。

我が家にやって来て、1週間

先の記事で表記した給餌方法は、

全て試し、

プラスで、我が家の爬虫類達には必ず行っている

温浴をさせ、28℃管理している虫家内でも

温度勾配をつけるために、

フィルムシートをケース1/3に設置し、

再度、置き餌(ピンマ2分割)で

チャレンジしましたが、食べなかったため、

決断した次第です(#^.^#)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

強制給餌は、手早さが勝負との事なのですが、

当然ながらヘビ飼育初心者の僕では、

慣れていないので、

飼育本やネット情報をかき集め、

それらの良いとこ取りをして、

イメージトレーニングに努めました(*^。^*)

1.餌のサイズ
与える餌は小さいものを用意する。
(頭よりも一回りくらい小さな餌)

2.餌の持ち方
ピンセットで餌の頭をしっかりと保定
ピンクマウスは皮膚が弱いので、
強制給餌をしている最中に
皮が破れる場合がありますが、
躊躇せず押し込む。

3.ヘビの保定
左手で蛇の首を掴み、頭を人さし指と親指で固定するように挟み、
中指、薬指、小指で蛇の身体を拘束する。
握り締め過ぎて首や脊髄を傷つけないようにないように
優しく保定する。

4.餌の咥えさせ方
餌を水につけ滑りやすくする。
ヘビの口先へ餌を押し付け口を開けさせる。
カードや紙を利用する方法もあるようですが
僕は餌で口を開けさせる方法を採用します。

4.慎重&大胆
強制給餌時は、個体にストレスを与えます。
短時間(2分)で終了させるつもりで挑む。
ヘビを傷つけないよう慎重に事を進める。
中途半端に事を進め、負担をかける事無く、
大胆さも必要だ。

一服する際、PloomTECHをヘビに見立て、
イメージトレーニングに努めました。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

いよいよ、Challenge です(*^。^*)

イメージトレーニング通り、

ヘビを保定し、口先にピンマを押し当て

口を開けさせ、ピンマを突っ込み、

・・・

・・・

ここで、手と体が震え始めてしまい、

2度失敗してしまいました。。。(T_T)

3度目の正直と、Challenge 再開、

何とか、成功しました。

全部入ったら、吐き戻せないよう口を指で閉じて、

胃まで扱き落としました(*^。^*)

15684346910.jpeg

↑お腹の辺りが太くなっているのが
わかりますが、ここが “ヘビの胃” です。

ケースにいれて、後は明日まで放置します。

どうか、吐き戻さないで下さい

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

生き物飼育で、

手や体が震えたのは初めてです。

ヘビを傷つけないようにしなければという、

極度の緊張感とヘビの口が

想像した以上に大きく開く事に

びっくりした事が原因かなと考えています。

良い経験が出来ました。

この給餌に慣れなければなりません(#^.^#)






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

誠也さんこんばんは

とうとうグレイシャー入手されたんですね!
おめでとうございます
でも餌を食わないのは飼育者としては一番心配なところですね
今はまだ小さいから良いかもしれませんが大きくなって拒食ったらマウス掴んで腕ごと胃の中に?ってことになるのですかね?
腕無くなりそう(笑

つっくん、こんにちは(^^♪

おかげさまでGET出来ました(^^♪
そうですね、コーンは10mぐらいになる大蛇なので、
そうなると思います。

ナゴレプ、楽しんできて下さい(●´ω`●)
プロフィール

誠也

Author:誠也
“Once in a blue moon"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク先の皆様の更新状況
リンク
QRコード
QR