FC2ブログ

2019'09.10 (Tue)

あらっ、この時期で良いのか???

いや~、台風襲来で、

夜中に防災放送で避難勧告が行われ、

スマホが鳴り響いたのは初めてでした。。。

神奈川県に上陸後、東京湾を横断して

千葉県に再上陸した台風って・・・

記憶に無かったです。。。

我が家は放送に従い、避難・・・

しませんでした。。。

放送内容は、

溢水による、土砂災害警戒区域に対する

土砂災害警戒だったのですが、

土砂災害警戒区域では無かったので、

避難しませんでした。

翌朝は、普通の時間に起きて、

会社へ行く準備を粛々としていました。

すると長女が起きてきて外を確認し、

大声で、 “庭が凄い事になっているよ!” と・・・

やっとこさ確認すると・・・

庭中、落ち葉と木の枝だらけで、

どこからか飛んできた

トタン板と波板と雨どいが産卵していました。。。

あまりの多さに片付ける気にもならず、

道路に出てみると・・・

ご近所中、同じ状況です。。。

そしてなんと隣の家の屋根が半分飛んでしまったようで、

ご近所さん達が、それへの対応について

井戸端会議していました。

******************************

台風の影響は、ニュースで報告されている通り、

重大で、

僕が利用している交通機関は、夕方まで不通で、

出社出来ず、在宅勤務としました(;^_^A

******************************

週末、メダカに餌やりしていると、

何かの音が聞こえるのですが、

何だかわからず放置していると、

音が鳴り続けており、耳を澄ますと、

何かの鳴き声に聞こえます。

“あっ!!” と気が付いて、

リクガメ野外飼育場に目をやると・・・

15680733920.jpeg

ROKUが、NANAの上に乗っかり、

雄たけび(;^_^A をあげています。。。

そんな年頃になったのか・・・と、

暫く観察し続けました(;^_^A

リクガメの繁殖は春先となるようで、

ROKUもNANAもそのタイミングで孵化した子です。

もし、ペアリングが成功しているようだと、

秋に産卵???、冬眠前に産卵???

そんな事ないよね。。。

まあ、NANAの性別が♀となる可能性が

高まったとだけ認識する事にしました。。。

※マルギナータリクガメ♀は、
“卵を産んでみないとわからない。。。” と言われています。。。

そして、昨日も・・・

15680734040.jpeg

ROKUは、 “やりたがりの年頃” になったようです(;^_^A



スポンサーサイト



17:32  |  マルギナータリクガメ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

こんばんは

台風の被害は甚大でしたね・・・
誠也さんのご家族に大事なくて何よりです。
私の息子が住んでいる地域も停電から免れたようでホッとしています。
一人暮らしだと心配になりますね^^;
かっつ | 2019年09月10日(火) 23:07 | URL | コメント編集

お疲れ様です(^^)

千葉県の台風の被害、停電等かなり酷いと聞いてます。
誠也さんご家族・ペットが無事で良かったです。

カメさんの雄たけび…聞いた事がありません。
想像しても分かりません(^^;)
どんな声なんでしょう(笑)
もしかして繁殖期ですか?
今後が楽しみですね(^^)
アーリー | 2019年09月11日(水) 02:39 | URL | コメント編集

かっつさん、こんにちは(^^♪

ありがとうございます。
でも、此方の被害なんて、他の地域と比べたら
大した事無いです。
県南は、今でも停電しているらしく、
冷蔵庫の中身がやられ、トイレが使用出来なくて
難儀しているようです。
息子さんの処は、早くから交通機関も復旧したのでは。
もしもの事があれば、僕の家に向かうよう指示して下さい。
誠也 | 2019年09月11日(水) 08:32 | URL | コメント編集

アーリーさん、こんにちは(^^♪

ありがとうございます<m(__)m>
でも、大した事無いですよ。

カメの雄たけび、一度聞くと耳に残ります(;^_^A
ブリード目的での飼育なのですが、
時期が違うんですよね。。。
誠也 | 2019年09月11日(水) 08:34 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seiya7871.blog.fc2.com/tb.php/967-ed8996f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |