FC2ブログ

2019'01.21 (Mon)

『照明編』 我が家のリクガメ飼育環境_冬

我が家で飼育しているレオパやニシアフ、

そしてツノガエルは必要ないのですが、

爬虫類飼育には、

“照明、特に紫外線” が重要はファクターです。

【照明】
我が家では、エビ飼育時に使用していた

水槽で、リクガメ飼育しているため

照明は当時使用していた物を

そのまま利用しています(^_^;)

15474485400.jpeg

普通の水槽用LEDライトです。

薄型なので取り扱いや見た目も良いと思ってます。

・・・で、問題は、 “紫外線” です。。。

爬虫類飼育に置いて、いざ始めようとすると、

ネックになるのが、この “紫外線” です。。。

“紫外線”を照射できないと、

亀であれば、甲羅が柔らかくなってしまう

ソフトシェルや甲羅が凸凹に成長してしまう等の

弊害を多くの方が、イメージされていると思います。

実際、僕もそう考えていました。

教科書や飼育巧者の方々のHP・blogを

拝見すると文系で勉強嫌いの僕には

理解が困難な内容がびっしり・・・

よって、商品説明やショップスタッフからの

アドバイスを素直に受け入れ、

且つ、趣味の範囲で受け入れられるコストで

導入出来る紫外線ランプ

15474482700.jpeg

を使用しています。

“紫外線ランプ” には、強度と言うのか、

度数と言うか、

幾つかのサイズと言うものがあるのですが、

これも詳しくは教科書や飼育巧者の方々の

HP等を参考にされるのが賢明かと思います。

僕は・・・商品説明に

“乾燥性爬虫類” とか“リクガメ用” と書かれている

商品をそのまま購入しています(^_^;)

多分、一番度数が高いものです。

そして、この“紫外線ランプ” は、別売りのランプスタンドに

取り付け、水槽にはこれまた別売りの

ランプステーを使用して ↑ の位置に

設置しています。

水槽には、保温器具やライトを乗せているため

“紫外線ランプ” を設置できるスペースも無いため

水槽内の空間に取り込んでいるわけです。

そして、“紫外線ランプ” には寿命があり、

1回/半年で交換しています。

まだ2年と数か月、正確にいうと

そのうち数か月は野外飼育で太陽光線を

満喫させていますが、リクガメ達は

今の処、問題なく成長しています。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
参考まで、
<紫外線ライトの度数>
ジャングル・樹上にいるもの(カエル・蛇等)  2.0
森林・草原・平地にいるもの(リクガメ・トカゲ)5.0 
砂漠・乾燥地帯にいるもの (リクガメ・トカゲ)10.0 
<紫外線ライトのW数>
15W 45cm水)
20W 60cm水槽
30W 60cm水槽
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
此方も参考まで、
紫外線には、
UVB(中波長紫外線)と UVA(長波長紫外線)があります。
※UBCは説明から、除外します。
骨の代謝に不可欠であるカルシウムの吸収には、
ビタミンD3が関与しており、ビタミンD3を生成させるために
UVB(中波長紫外線)が必要となります。
また、脱皮、食欲、繁殖を促進する効果を期待し、
UVA(長波長紫外線)を照射させるわけです。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
我が家のリクガメ飼育環境_冬 に関する
一連の記事は、
“あくまでも我が家の環境では” という前提で、
リクガメ飼育わずかに2年ちょっとの飼育者が
わずかな飼育期間において得た
私見を拠り所としております。
参考にならない内容です。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
スポンサーサイト



16:30  |  マルギナータリクガメ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

こんばんは。

やはり紫外線がネックですよね。
冬は日光浴もできないし。
自分は紫外線必須の種類は手を出せそうにないです。
ほちきす | 2019年01月21日(月) 19:44 | URL | コメント編集

ほちきすさん、こんにちは(#^.^#)

仰る通りのイメージを僕も持っていましたが、
感覚的には僕は、アクアをやっていたので、
水槽に照明は当たり前で、その照明が紫外線になっただけなので
違和感なく使用し飼育出来ると考えます。
誠也 | 2019年01月22日(火) 14:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seiya7871.blog.fc2.com/tb.php/836-a36d4215

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |