FC2ブログ

2019'01.18 (Fri)

『ゲージ編』 我が家のリクガメ飼育環境_冬

2016年9月16日 に

マルギナータリクガメ_ROKU をお迎えしてから、

あっという間に2年が経過しました。

その後、推定♀・年齢?のNANAと、

♀だったら嬉しいHACHI の3頭が、

我が家のマルギナータリクガメTeamです。

自分が楽しむだけでは飽き足らず、

リクガメ飼育の楽しさを広めるため、

虫仲間のオフ会やイベントで、

リクガメ普及活動をしていた成果で、

良く遊んで頂いている方が、

興味を持ち始めてくれたようです(*^。^*)

飼育環境や飼育方法について質問して頂く事が

あったので、今回は我が家のリクガメ飼育環境を

御紹介します(*^。^*)

そもそも、庭でリクガメを飼育したいと思い

始めたのですが、

夏眠(マルギナータリクガメの習性の一つです。)のため、

野外飼育期間中の体重増加が少なかった事を理由に

冬の間は、室内飼育しております。

リクガメ飼育において、室内飼育は一般的で

我が家のマルギナータリクガメのように

日本の気候で冬眠が可能な種以外のリクガメにも

応用出来ます。

但し、虫飼育同様に

“あくまでも我が家の環境では” という前提が付きます。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
我が家のリクガメ飼育環境_冬 に関する
一連の記事は、
“あくまでも我が家の環境では” という前提で、
リクガメ飼育わずかに2年ちょっとの飼育者が
わずかな飼育期間において得た
私見を拠り所としております。
参考にならない内容です。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


15474485400.jpeg

先ず、我が家で飼育しているリクガメは

全て、ガラス水槽で飼育しております。

教科書やショップからは、

爬虫類専用ゲージ等を勧められると思いますが、

価格が高い事や我が家の爬虫類用ゲージは

長男が別のトカゲを飼育しているため使えない事、

エビ飼育等で使用していた水槽が余っている事から

我が家ではガラス水槽飼育しています。

ガラス水槽飼育のデメリットとしては、

放熱により、保温効果が低下してしまう事と、

上部から暖かい空気が逃げてしまうので

温度管理し難い事があるかと思います。

しかしながら、我が家はRC住宅なので、

保温性が高いため、これから説明する保温方法で

十分適切な環境をリクガメ達に提供する事が可能です。

ちなみに、ガラス水槽のサイズとリクガメのサイズですが、

教科書やショップでは、大きめのゲージを薦められます。

我が家では、

ROKU(16年産・1kg弱)→45cm
NANA(不明・1kg超)→60cm
HACHI(19年産・約70g)→30cm

を使用しています。

↑の画像は、NANA(不明・1kg超)→60cm ですが、

既に窮屈そうですが、春までは・・・

と我慢してもらっています。

ROKU(16年産・1kg弱)→45cmも同様です。

HACHI(19年産・約70g)→30cm は、

後1年ぐらいは大丈夫かな・・・とたかを括っています。。。

ガラス水槽は、オールガラスでもフレームタイプでも

何でも良いと思います(*^。^*)

新品でも中古でも手に入れやすいものを

使用すれば良いですね(*^。^*)

・・・

・・・

まだ、ゲージの説明・・・

長すぎなので、続きは後日。。。(^_^;)


スポンサーサイト



16:55  |  マルギナータリクガメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seiya7871.blog.fc2.com/tb.php/833-cc78a77b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |