FC2ブログ

2019'12.24 (Tue)

お迎え  (*^。^*)

ハイナントカゲモドキ
Goniurosaurus.l.hainanensis

新しくお迎えしました(*^。^*)

15771484130.jpeg

ゴニの愛称で呼ばれるキョクトウトカゲモドキに
属するヤモリの1種です。
日本にもその仲間が生息しており、
全ての亜種が天然記念物として大事に保護されています。
ハイナントカゲモドキは、中国(ハイナン島)、
ベトナム(キャットバ島)に生息しています。

前述の通り、ヤモリの仲間ですが、
ヤモリのように足の裏に趾下薄板(しかはくばん)と
呼ばれる無数の毛が生えていながら、
その毛の数が少ないため、天井などを
歩き回ることはできず、生態はトカゲに
似ていることからトカゲモドキと分類されているようです。

飼育については、生息地が湿度が高い場所との事なので、
レオパやニシアフと違って我が家では
ウェットシェルターと水入れを常設したケースで
湿度を高く保つようにしています。
温度は25℃~27℃、湿度70%~80%を維持するようにしています。
蒸れには弱いらしく風通しの良い場所を求めるようですが、
我が家の爬虫類飼育環境で風通しを条件設定するのは
厳しいので現状は温湿度管理に重点を置いています。

15771484260.jpeg

餌はレオパ・ニシアフ同様に、
コオロギで、置き餌もOKなので管理が楽です(#^.^#)
既にLサイズのコオロギを食べています。

今の処、ブリード予定は無いので、
独身生活を満喫して貰っていますが、
綺麗な柄の伴侶が見つかれば増やしてみたいとも考えています。

ハイナントカゲモドキは、とても臆病で、
昼間はシェルターに入ったままだし、
ゲージ清掃時に掴もうものなら、
警戒態勢をとってきます(;^_^A
尾の自切は避けたいので、驚かさない様に注意しています。

彼らの一番の魅力はやはり何といってもその恰好良さです。
キリッとした紅い目と黒とオレンジの体色は
とても恰好良く美しいです。

問題は、その赤い目を撮影するのは、
我が家の飼育環境では難しいという事です(;^_^A


大事に飼育していきます(*^。^*)


スポンサーサイト



16:44  |  ハイナントカゲモドキ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seiya7871.blog.fc2.com/tb.php/1025-5c9a9cef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |