FC2ブログ

2019'11.09 (Sat)

冬眠前の状態(●´ω`●)

最低気温がやっと10℃を

下回るようになっています。

数年前は、10月に冷房を入れて

車に乗るなんて無かったように

思えるのですが、

今年は普通に冷房を入れていました(;^_^A

******************************

15726717330.jpeg
(これは動き出したマルギ達を飼育場から出して庭にて撮影しています。)

野外飼育場のマルギナータリクガメ達ですが、

飼育場内に日光が入ると、

日光浴のため動いていますが、

それ以外は、

安寧芋の蔓の下で寝ています。。。

餌は啄ばむ程度になっていますね。。。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

マルギナータリクガメは、
アルバニア・イタリア・ギリシャなどに
生息する地中海リクガメ属の一種です。
原産地は地中海性気候で四季があり、温度が下がる冬季
及び雨が少なく気温が上がる夏季は
休眠(夏眠・冬眠)を行うこともあるようです。

日本の環境では、
室内飼育・野外飼育の両方で飼育されている方がいます。
我が家のマルギ達のブリーダーさんは御二方ともに
冬眠させているとの事で、僕も野外飼育する際は、
冬眠させてみたいと考えていました。

幸い僕の住む地域は温暖なので、
冬場の最低気温が、
ここ30年平均で-2℃(1月)となっています。

マルギナータリクガメは、冬場の最低気温が
氷点下5℃を下回らない地域では、
落ち葉を積むなどの工夫をすれば屋外で
冬眠させることが可能で、5~10℃程度の一定温度を
KEEPする事がポイントとの事です。


現在の気温だと、最低気温は上記の範囲内ですが、

最高気温が20℃越えとなっているため、

様子を見ています。。。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

前述の通り、やっと最低気温が下がってきたので、

冬眠入りまで、後僅かとなっている今日この頃、

体重測定しました(*^。^*)

15726716240.jpeg

ROKU 
2019年3月24日 916.8 g

2019年6月2日 985.2 g

2019年9月8日 1029.1 g

2019年11月2日 1074.7 g
+45.6 g

餌喰いが落ちてきていたので
少々心配していましたが増えています。

15726716420.jpeg

NANA 
2019年3月24日 1308.7 g

2019年6月2日 1339.6 g

2019年9月8日 1392.7 g

2019年11月2日 1375.7 g
-17 g

NANAは予想通り体重減でした。。。

この2頭が今年から冬眠させる予定のカメ達です。

NANAの体重減が気になりますが、

冬眠前に排便されていれば

十分に耐える事が出来るサイズまで

成長していると考えています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

15726716980.jpeg

活性が低いので好物のたんぽぽを

口にすることは無かったです。。。

15726716800.jpeg

ROKUのフレア、
マルギらしく立派になって来ました(*^。^*)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

15726716620.jpeg

HACHI 567.9g
2019年3月24日 123.5 g

2019年6月2日 200.2 g

2019年9月8日 411.8 g

2019年11月2日 567.9 g
+156.1 g

HACHIは、室内飼育継続します。

順調に成長しています。

15726717150.jpeg

一応、希望的観測 “♀” としています。。。

それにしては尾の根本が・・・

太くなっているような気が・・・(;^_^A

甲羅の形状や高さは “♀” っぽい気が

するんですけど。。。


スポンサーサイト



17:25  |  マルギナータリクガメ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

こんにちは

誠也さん、こんにちは^^

成長って早いんですね\(◎o◎)/!

HACHIは3月24日から+444g増ですよ。
成長期だからですかね♪
もっち | 2019年11月10日(日) 12:06 | URL | コメント編集

もっちさん、こんにちは(^^♪

爬虫類のハッチ1年目の成長速度は凄いですよ(#^.^#)
HACHIは、室内飼育+人工飼料メイン飼育なので、
最速です。
以前は、人工飼料だと結石の可能性が上がるとの
説が大勢でしたが、最近の研究では逆の説が出ています。
誠也 | 2019年11月11日(月) 08:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seiya7871.blog.fc2.com/tb.php/1011-eca8050a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |