FC2ブログ

2019'10.07 (Mon)

BH_コロンバンガラ産_飼育考察

ブラックハスタート、 

諸説紛々 あるようですが、

趣味で飼育している僕にとっては、

関係無く、

気に入った個体を飼育するのみです(#^.^#) 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「系統」

我が家のBH_コロンバンガラ産は、

監督 の系統ですが、

累代継続する中で、

ジンさん&シルバーさん からもサポートを

受けています(^^♪

我が家では前期BHブリードが惨敗だったので、

監督 から成虫を譲って頂いたものの

またしてもやらかしてしまい、

KUWATAにて、ショップより♂♀♀のトリプルを

GETしました。

このショップのBHはKUWATAで監督から

仕入れた虫の累代なので親戚筋となります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
15704073560.jpeg

「幼虫飼育」
此方も飼育者毎、様々な取り組みをされていると思います。

よって、あくまでも、我が家の飼育方法として掲載します。

先ず、幼虫は菌糸・マットの何方でも飼育可能でした。

また、菌糸については、オオヒラタケでもカワラでも

飼育可能でした。

ハスタート飼育のトレンドは、 “カワラ菌糸” と聞きます。

我が家の場合は、

オオヒラタケ菌糸を使用しています。

銘柄は、 大〇 です。

15704073710.jpeg

我が家の近くにある大型ペットショップで、

常時販売されているため、

手に入れやすく、欠品も少ないので、

利用する事が多い事、

及び、前述の ジンさん&シルバーさん に、

飼育アドバイスを求めた処、

“そんな事も知らないんですか!” と叱責されたので(;^_^A

BHには、大〇を使用している次第です。

実際の処、結構大型の♂が羽化してくれているので、

効果はあると考えています。

そして、管理温度は、20℃~22℃(夏季)恒温の温室に

保管しています(^^♪

もう少し高い方(22~23℃ぐらい)が、

良いと思うのですが、その温度帯は用意出来ません。。。

温度の関係なのか、 “居食い” してくれる個体が多く、

じっくりと成長してもらっています。

菌糸投入後は、他種と同じで、

・菌糸の状態
・喰い上がり

で、タイミングを計り、交換します。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「ブリード」
羽化ズレするイメージは無いのですが、

現在、オークション等でBH_コロンバンガラ産が出品される事は

珍しいので、幼虫数を抱える必要があります。

ズボラ飼育なので、菌糸劣化での羽化も有りますが、

不全になってしまうイメージは無いです。

上手に羽化してくれる種なのでしょうか。。。

羽化後、後食が始まったらペアリングしてOKです。

何気に長命なのでじっくりと掛けて下さい(^^♪

結構、パッチンが多いと聞きます。

最初は、僕も顎を結束帯で縛りあげ、

ペアリングしていましたが、

面倒だし、ハスタートの顎を縛り上げても

直ぐに外れてしまうので、

今は、顎を固定しないでペアリングしています。

パッチン対策としては、

温度を上げて活性を上げつつ、

♀が逃げ込める様、障害物(ゼリー台・水苔)を入れ

ゼリーを切らさないようにしています。

おそらく、直ぐにペアリングを観察出来るかと思いますが、

しっかりと掛けるため、数日同居させています。

産卵セットは、カワラ殖菌材や砂埋めレイシ材を

クワガタマットへ埋め込んでいます。

ブリードが成功していれば、

材から幼虫を回収する数が多いと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

以上が我が家の飼育方法です。

★かぶ☆さんプレで、我が家のBH_コロンバンガラを

譲らせて頂いた方々、飼育楽しんで下さい(●´ω`●)



スポンサーサイト



18:24  |  ブラックハスタート_コロンバンガラ島産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |