FC2ブログ

2018'09.19 (Wed)

ボーリンブリード_ⅵ (*^。^*) 交尾

昨日は、出先で仕事をしていたので、

豪雨になる前に帰宅出来ました(*^。^*)

不安定な天候が続いています。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ペアリングしていた、ボーリンですが、

交尾確認後、メイトガードしていたので、

セットする事にしました。

前述の通り、6時には帰宅出来たので、

玄関の灯りを頼りに、殖菌カワラ材の樹皮を

剥き、コバシャ小にセットしました。

15373136300.jpeg

この材は大きな節がありますが、

その他の面は中々良い感じです。

僕はボーリンの産卵セットを組む際、

感じの良い面とマットが接するように配置します。

確固たる検証なんてしていませんが、

このようにセットすると、♀がマットに潜って

材とマットの接地面に産卵するような気がしています。

15373136760.jpeg

この♀も、暫く、材を確かめるように

触角で舐めていました。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

15369960210.jpeg

僕は、交尾確認出来ていれば、基本、追い掛けしない事がは、

前述しておりますが、

♂の生殖能力が無い事によるブリード失敗リスクを

軽減させるため、ブリードに使用する♂は

複数頭用意します。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


ボーリンの場合、♀に当たり外れがあり、

最低でも、1回のブリードで、♀♀♀♀は使いたい処です。

本来であれば、それにかける♂は、

最大個体にしたい処ですが、

♂の生殖能力に問題があった場合、

4♀共に失敗・・・という可能性もあるため、

複数頭の♂を使用し、そのリスクを軽減しています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

完全に、私見なのですが、

昆虫の受精は、交尾によってまず♂の精子が♀の受精嚢に

一旦貯蔵され、産卵時にその受精嚢から

精子を小出しにして受精させながら産卵するという認識です。

ボーリンの場合、1回の交尾時間は数分で、

それを何回か繰り返します。

その内、♀の受精嚢に♂の精子がいっぱいになると

♀が、メイトガードから離れて逃げ出します。

僕は他のクワのブリード時も同じなのですが、

♀が逃げ出したタイミングで♀を産卵セットに投入します。

ハンペしながら交尾するまで絶対監視するなら兎も角、

帰宅後の貴重な時間や休日を趣味の時間に充てている

僕にとって交尾を待つのが何気に苦手で、

同居させてメイトガードを確認出来れば、

交尾完了とするケースが多いです。。。(^_^;)

よって、僕的には、“メイトガード” を重要視しています。

そういう意味では、僕の好きな種はしっかりメイトガードするので

それも、好きな理由の一つかもです(*^。^*)




スポンサーサイト



16:36  |  ボーリンフタマタクワガタ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |