FC2ブログ

2018'03.21 (Wed)

勿論、僕は虫さん飼育者です(^_^;) ボーリンフタマタクワガタ

最近、ヤモリさん、カメさん、カエルさんの記事が多いし、

世話をしている時間も長いので・・・(^_^;)

僕自身が、虫さん飼育者である事を再確認するため、

週末に羽化したボーリンフタマタクワガタ♂を

掘り出しました。

2♂共に完品羽化です!(^^)!







監督から譲って頂いた11頭の幼虫は、

3♂8♀で、唯一早期羽化してくれた♂は、

インラインで子孫を残してくれました。

残りの2♂は、ズレにズレて、

何と今月羽化・・・

1年3か月~4か月での羽化です。。。

これは別に遅い訳でなく、

♀と1頭の早期羽化が、早過ぎた結果です。

羽化ズレ対策が、ボーリンの場合は、

テーマとなります。

まあ、最近は飼育者も多くなり、

一年中、♂単・♀単が手に入りやすくなっているとはいえ、

過去人気種が辿った道を考えると、

ボーリンも “羽化ズレするもんだ。。。” 

と考えての飼育では、

我が家の絶滅種となる可能性は多大です!!

そういう意味ですと、我が家の主力となっているミヤマは、

累代飼育を継続出来ているし、休眠期間が長いし、

休眠から起こす事も慣れてきたので、

絶滅種となる可能性は低くなっています。

勿論、油断大敵なので、累代継続が不可欠です。

ボーリンの場合は♂を早期羽化させるグループと

サイズ狙いのグループに分ける事がポイントなのかな???

かつての人気種であるタラ・レギ・オウゴンも亜種によっては、

継続入荷していますが、政情悪化や他の要因で、

キャッチャーが居なくなったり、輸入商が入れなくなる可能性、

そもそも生体の輸出制限を設ける国も多くあり、

大事に国内で累代させていかないといけませんね。

そう言えば、我が家で累代失敗したBHも危ないですよね。

原産地には、風土病があり、

入国には、何本も予防接種を受ける必要があると聞きます。

好き好んで虫採りに行かないですよね。。。

虫さん飼育者は、厳選累代飼育している種を大事に

ブリードしなくちゃですね( ^)o(^ )





♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

本日、各種アレルギー持ちの息子が

鼻腔内の軟骨除去のため、入院しました。

3日間の予定ですが、無事成功して欲しいです!!

スポンサーサイト



18:00  |  ボーリンフタマタクワガタ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |