FC2ブログ

2020'04.20 (Mon)

間一髪。。。(●´ω`●)

前蛹状態で交換してしまった

タランドゥス幼虫でしたが、

予想通り、もぐらず・・・

ボトル中央に明けた穴に横たわる状態で

“Cの字” に・・・

駄目もとで、人工蛹室へ移動させると・・・

20200420084222765.jpeg

何とか・・・

202004200842357d4.jpeg

蛹化成功です(●´ω`●)

いや~、間一髪と言った処でしょうか。

サイズは、 “ブリードサイズ” ですが、

サイズは他の兄弟に任せて、

先ずは無事羽化をして欲しいものです(#^.^#)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

不要不急の外出は控えていますが、

生き物の餌は補充せねばならず、

かねだい へ買い出しに行きました。

コオロギ等の餌とメダカ用ソイルを購入しました。

そして・・・

新たなるお迎えは・・・

202004181624550e3.jpeg

インドホシガメ_アルビノ 君

神々しい純白の体躯に真っ赤な目、

素晴らしい個体(●´ω`●)

20200418162443dd5.jpeg

の、 “ガチャガチャ” です(;^_^A

生体なら、おいそれとは手が出ないでしょうね。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

緊急事態宣言下の生活が続いていますが、

不要不急の外出を控え

接触機会8割減を目指して頑張らなくちゃですね。

僕も非常事態宣言後、

基本仕事はTWにしています(*^。^*)

僕の肌間隔ですが、

サラリーマンは出社しなければ

8割減は可能なのかな。。。

ぶっちゃけ、9割減と言っても

過言でないような気がします。

僕の勤め先は、業務のシステム化が

そこそこ進んでいたのとTOPの方針で

在宅勤務(TW)に移行出来ましたが、

関連会社では、そこそこ大きい企業でも

システム化が進んでおらず、

出社しなければ会社が回らないと考える

従業員ばかりでしたが、

力強い求心力とちょっとしたアイディアで、

TWが進み、普通に業務出来ています(*^。^*)











スポンサーサイト



16:40  |  タランドゥスオオツヤクワガタ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

2020'03.25 (Wed)

やっちまったか・・・(;^_^A

202003221800197d5.jpeg

大暴れしてしまったタランドゥス、

ボトル入れ替えをしたのですが、

2020032218003387b.jpeg

1頭、前蛹前の皺くちゃ状態です。。。

もう1頭も、糞を出し切る最中で、

前蛹真近といった状態です。。。

でも、このまま放置しても仕方ないので、

仕方なく、

2頭共、新しいボトルに移行させましたが、

案の定、皺くちゃ幼虫の食痕は出ません。。。

やっちまったか・・・な・・・(-"-)




16:41  |  タランドゥスオオツヤクワガタ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2019'10.10 (Thu)

実は・・・此方も・・・放置・・・第2弾・・・(;^_^A

クワカブマイスターさん に

譲って頂いた、

タランドゥスですが、

殖菌カワラ材でも産卵せず、

顎も摩耗していたため、

カワラ菌糸ボトルセットに切り替えていました。

しかし、何度も、誘導抗に突っ込んでも

暫くすると♀は、脱出してしまい、

“最終手段” を試していました。

この方法は、材産みで癖のあるクワガタには

昔から試されている方法なのですが、

この方法の事を伝えると、大概の方は、

“訝し気” にとらえます。

仲良くしている 浜松の大将 なんて、

静岡軍団オフの時に、

タラレギ産卵について、

他の参加者の方が質問された時の

僕の↑回答に対して、 

苦笑しながら、 “誠也さん、そればっかりですね。。。”

と、言われてしまった事があります。。。

よって、今回は、

15704072030.jpeg

“最終手段” と

その成功例をご紹介します。

我が家では、潜らない、産卵しない、

材産み種は、誘導抗を開けて、

♀を穴に突っ込んで、

ティッシュで穴を塞ぎ、♀が出てこれないようにします。

要は、お尻を塞がれ、

前に進むしかない状態にしてしまうという事です。

勿論、その際、♀が身動き出来ない程、

狭い空間に閉じ込めるのではなく、

ドリルで誘導抗を開ける際、♀の体長よりも長く掘り、

奥に木屑を残すイメージです。

そうすると、お尻を塞がれた♀は

木屑に潜り込むように穿孔し、徘徊する内に

産卵スイッチが入る事を期待すると言う、方法です。

我が家では、タラ・レギ・オウゴン、

ドルクスでは、グランディス・クルビ等、

中々スイッチが入らない場合、

この方法を試します。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今回は、タランドゥスに、

この方法を試しました。

結果は・・・↓

15704072180.jpeg

穴に詰めたティッシュを取り出し、

15704072360.jpeg

♀を回収すると、

15704072590.jpeg

顎は摩耗し短くなっているものの、

符節もしっかりとしていました。

彼女にはゼリーを与え休息してもらっています。

さて、幼虫は・・・

15704072770.jpeg

8頭回収です。

既に、 クワカブマイスターさん の処で、

産卵を経験している♀でしたので、

ボチボチの採れ高です(#^.^#)

♀も元気なので、多分、再セットすれば、

もう少し採れるとは思いますが、

我が家の飼育許容から考えると

十分な頭数を確保出来ました(^^♪

クワカブマイスターさん 、

ありがとうございます

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
2019年10月6日(日)
かねだいにて、購入していたカワラボトルに、
幼虫は投入済です(#^.^#)








17:39  |  タランドゥスオオツヤクワガタ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

2019'08.19 (Mon)

休みボケ・・・したいな (;^_^A

10日間+2日間、合わせて12連休という

超大型夏季休暇を取得したのですが、

休み明けから難題を抱え、四苦八苦で、

社会復帰のための猶予期間を与えてはもらえてません。。。

まあ、これだけの長期間会社を休んだのは

新婚旅行以来???なので、

仕方ないです。。。

とは言え、前半3日間は体調を崩し、

入院はしませんでしたが、

ほぼ終日病院で過ごしたので、

休んだ感はありませんです。。。(;^_^A

翌日から旅行に行くと伝えた時の医者の顔と言ったら・・・

まあ、そんなこんなで、家族旅行は充実していたし、

初体験のパラグライダーも楽しんだし、

古い友人のかっつさんにもお逢い出来たので、

大満足の夏季休暇でした(#^.^#)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
夏季休暇後半で、溜まっていた諸々作業も

飼育用品洗浄以外は片付いて、

残りは今週末にやっつける予定です。

そんな中、ボーリンとタラの産卵セットを割り出しましたが・・・

ボーリン、材を齧る前に♀が☆に・・・
(一応、セットは廃棄せずに2か月ほど放置します。)

タラ、経産♀を使っているにも関わらず・・・

ボウズ・・・(T_T)

15661874140.jpeg


ボーリンは齧った跡が無いし、

タラは坑道は広げていましたが、

産卵床を形成していません。。。

両方ともに、期待していたのでショックでした。。。

ボーリンは仕切り直しで、

原名からやり直します。

タラは、追い掛けして、

カワラボトルへ再セットしました。。。

・・・

・・・

しかし、誘導孔へ突っ込んだ♀が、

直ぐに出てきてしまったので、

再度、誘導孔へ♀を突っ込んで、

ティッシュで栓をして、ボトルの蓋で押さえ、

強制産卵セットへと移行させました(;^_^A

15661874350.jpeg


殖菌カワラ材に反応が良かったので、

再セットにも、使いたかったのですが、

♀の顎が摩耗していたので、

負担軽減のため、カワラボトルを使用しました(*^。^*)

さっ、今度こそ結果を出して下さいね(~_~メ)


16:20  |  タランドゥスオオツヤクワガタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2019'07.09 (Tue)

タランドゥス_ブリード開始(#^.^#)

MINAMIさん_みんなの合同プレ♪ で、

クワカブマイスターさん から、

譲って頂いた虫達、ボチボチですが、

引っ越し等を初めています(;^_^A

もっと時間が欲しい所です。。。(;^_^A(;^_^A(;^_^A

その中でも、

我が家では撤退種となっていた

タランドゥスオオツヤクワガタ成虫ペア、

クワカブマイスターさん の処では、

既に産卵→孵化実績があるとの事で、

早速、追い掛けしていましたが、

メイトガードを確認後、♂が♀を離したので、

15626312580.jpeg

熟成させるため室温保管していた殖菌カワラ材で

セットしました(#^.^#)

15626312750.jpeg

♀を誘導抗に突っ込んだ処、

速攻で潜っていきました(*^。^*)

今朝、確認すると、

木屑が良い感じで噴出されていたので、

産卵モードには入ったようです。

産卵期間である2週間と孵化までの2週間を

指折り待ちたいと思います(^_-)-☆

16:27  |  タランドゥスオオツヤクワガタ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT